スペシャリティケミカルの富士純薬

ISO9001に基づく確かな品質体制のもと
お客様の多様なニーズにフレキシブルにお応えしてまいります。

品質方針

Quarity Policy

ユーザーの皆様が安心して使用できる製品を作る

1. 永年培ってきた知識、技術を基に、常にユーザーのニーズに応え、信頼される製品を提供する。

2. 顧客要求事項を満たす品質マネジメントシステムを構築し、継続的改善と運用を行う。

3. 全社員の参加により、設定した品質目標の達成を図る。

品質マネジメントシステム

審査登録機関 日本化学キューエイ株式会社
登録番号 JCQA-1754
登録範囲 (1)第四級アンモニウム塩及び酸クロライドの開発、製造及び販売
(2)機能性材料及び医薬品中間体の受託製造及びそれに関わるプロセス開発
適用規格 JISQ 9001:2015(ISO9001:2015)
登録日付 2012/06/04

事業部門紹介

Referral Business Unit

弊社は、創業以来、化学分野のエキスパートとして、様々な製品を世に送り出してきました。弊社では、営業部門、研究開発部門、製造部門が、一拠点集約による密な連携体制により、お客様のご要望に対し、きめ細かいスピーディーな対応が可能です。

詳しくはこちら

受託合成

Custom Synthesis

弊社は、昭和31年塩化チオニル製造を目的としてスタートした会社となります。創業以来、半世紀以上の有機合成分野の技術力を基盤に、現在では、塩化チオニルを使用したクロル化を始め、ハロゲン化及びその誘導体の合成については、その技術をお客様より高く評価頂いております。

詳しくはこちら

設備紹介

Equipment

酸性物質の取り扱いが多い弊社では、グラスライニング(GL)仕様のマルチ反応設備を中心にとりそえております。サイズは、150L 2500Lであり、少量案件から柔軟な対応が可能です。また、蒸留器、乾燥器と組み合わせ、幅広く受託案件に対応することが可能です。

詳しくはこちら

取扱品目

Line of Business

当社では、受託案件の他に、幅広くお客様にお使い頂ける商品の取り扱いがございます。特に酸性有機溶媒については、近年事業化した品目であり、各種お客様からお引き合いを頂き好評を得ております。その他、TBAB(テトラブチルアンモニウムブロマイド)等四級塩、臭化物等取り揃えておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

詳しくはこちら

お知らせ

News

2020.06.23
新製品情報を追加しました。
2020.05.13
新製品情報を追加しました。
2019.07.05
『第4回プロセス化学国際シンポジウム』に出展致します。
2019.06.25
代表取締役社長に中﨑 崇が就任しました。
2019.06.04
優良申告法人の表敬を受けました。
2019.02.01
新製品情報を追加しました。
2018.07.03
『日本プロセス化学会 2018サマーシンポジウム』に出展致します。
2017.10.27
塩化アセチル製造中止のお知らせ
2017.07.25
『日本プロセス化学会 2017サマーシンポジウム』に出展致します。
2016.12.05
ホームページをリニューアル致しました。
2014.06.18
優良申告法人の表敬を受けました。
2013.12.26
採用情報 を更新いたしました。
2013.06.03
東京オフィスを開設しました。